オラクルカードのリーディングのコツは質問の仕方にあり?

オラクルカードの基礎知識
この記事は約6分で読めます。

オラクルカードで、いざリーディング!

おもむろにカードを引いてみたは良いが、いまいちピンとこない…

同じカードが何度も出るのは何故?

こんなふうに思うことはありませんか?わたしはしょっちゅうあります(苦笑)

実際このオラクルカードの引き方に、何かコツやポイントがあるのでしょうか?

一緒に考えてみましょう。

スポンサーリンク

オラクルカードへの質問の仕方のポイント

リーディングをするとき、あなたはオラクルカードに対してどのように問いかけていますか?

オラクルカードに質問をする際、実はちょっとしたコツがいるんですよね。

 

例えば、わたしが以前お付き合いしていた人と復縁したいと考えていたとします。

ここで、オラクルカードにアドバイスを求めようと質問をしました。

「この先、元カレとまた恋人同士に戻れるでしょうか?」

上記のような質問の仕方は、実はあまりオススメできないのですが、どうしてか分かりますか?

オラクルカードはその種類にもよりますが、YES・NOを求められるような質問に答えるのにはあまり適していないんです。

 

では、どう質問をすればいいのか。文章を練り直してみましょう。

先ほどの質問のニュアンスを少し変えてみると、このようになります。

『私は元カレとヨリを戻したいと思っているのですが、どうすれば再び良い関係を築くことができるでしょうか』

押さえておきたいポイントとしては、まず自分がどうしたいのかを明確にすること。

カードリーディングの主役は、他でもない「あなた」です。

 

うちはこうしたい!と思っとるんだけど、どうすればいいかな~

と、友達に相談をするような感覚で問いかけると、質問の主旨が上手に伝わりますよ。

ここが難しく感じられて躓いてしまいがちなところでもあるのですが、回数を重ねるうちにだんだんとコツがつかめるようになってきます。

とことん練習あるのみです!

カードを引くときはとことん「無」になろう

聞きたいことが頭の中である程度整理できたら、それを思い浮かべながらカードを引いていきます。

このとき、他のことをあまり考えすぎないように、心を「無」にすることを意識します。

リーディングとは関係のないことを考えていると、リーディングの結果がちぐはぐしてしまうことがあるので注意したいところです。

余計な雑念にとらわれないよう、気持ちを落ち着かせていきましょう。

わたしもついついリーディングに集中できなくて、他のことばかり考えてしまったりするので(;´・ω・)

自戒の意味もこめて書きました。

オラクルカードは『絵画』だと思え!

必要な分のカードを引いたら、まずはそのカードをじっと観察しましょう。

このカードは、いったい何を訴えかけてきているのか?

ここでポイントとなるのは、直感を研ぎ澄ませていくこと

頭で考えすぎずにフラットな気持ちで、カードを眺めます。

美術館に行って絵画を鑑賞するときのように、心を静めて向き合ってみましょう。

 

ということで、いきなりですが実践練習です!

今回はマーメイド&ドルフィンオラクルカードから、一枚カードを選んでみました。

※画像が見づらかったらごめんなさい。適度に拡大しながらご覧下さい。

こちらのカードをじっくり眺めてみて下さい。

この絵柄のどの部分に目が留まりましたか?

カードに描かれている人物や動物たち、また一面に広がる風景などを見て、何か惹かれるポイントはありませんか?

あるいはカードに書かれた文面や単語のなかで、気になるフレーズが見つかるかもしれません。

絵のタッチや色づかいなど、細かいところにも目を配ってみましょう。

ここであなたがカードを通して思ったことや感じたことの全てが、リーディングにおける貴重な情報源となります。

あなたが感じ取ったもの、その直感には決して間違いはありません。

ぜひ五感をフルに活かして、カードからの声に耳を澄ましてみてください。

 

「それでも、どうしてもカードの意味が分からない!」

そんなときは、付属のガイドブックに助けを求めましょう。

ガイドブックを開いてみると、それぞれのカードのベーシックな意味が解説されているので、それを読んでいくとピンとくるワードが見つかるかも。

 

ちなみに先ほど引いたカードは『Ready,Set,Go! (よーい、スタート!)』という意味のカードになります。

あなたの夢の実現に向けて行動するなら、まさに今ですよ!といったメッセージが込められています。

大きなシャチの迫力ある泳ぎっぷりやマーメイドのにこやかな笑顔を見ると、この先の未来が明るいことを予感させます。

自信を持って新たな一歩を踏み出してもいいよ!と勇気をもらえる、とても幸先の良いカードが出ましたね。

 

また、3枚引きなど複数枚のカードを引いてリーディングをするときは、それぞれのカードの意味に加えて、カード全体の流れをよーく観察してみて下さい。

1枚目から順に見ていくと、まるでひとつの物語のように繋がっていたり、何かしらの共通点があることに気が付くかもしれません。

複数のカードを通して一貫性のあるメッセージを送ってくることもよくあるので、そういった点も注視していくと、より奥深いリーディングが出来ると思います。

同じカードが何度も出るときは?

オラクルカードを引いていると、たまに『同じ絵柄のカードが何回も出てくる』。

そんな事態が起こることもあります。

何でカードを引くたびに同じ意味のカードが出てくるのか。

これも解釈の仕方は様々なのですが、私の場合は『もっとよく見て!』という意味で、カードから訴えかけられていることが多いです。

よーく観察していくと『あれ?もしかしてこのこと?』と後で気づくことがあるんですよね。

最初にカードを引いたときに、きちんと読み解いているつもりでも、意外と見落としている点があったりするんです。

何度も同じカードが出ると「また同じのが出てきたよ」と、すぐにカードの束へ戻してしまいがちですが、カードが出てきた本当の意味を知るためには、同じカードが出てもスルーしないで改めて向き合ってみることも大切になってきます。

カードリーディングは難しく考えなくても大丈夫!

以上、オラクルカードの引き方、そしてリーディングのコツなどについてお伝えしてきました。

ガイドブックに頼らずにカードの絵柄を通してメッセージを受け取るというのは、初心者にとってはなかなかハードルが高く感じられるものです。

オラクルカードに慣れるまでは、ガイドブックを片手にカードを引いても全く問題ないとわたしは考えます。

かくいうわたしも、オラクルカードを使い始めの頃はカードの絵柄を見ても全くもって訳が分からず、何度も途中で投げ出しそうになりました。

今思えば、ガイドブックを見ないようにリーディングできるようにならなきゃ!と頑張りすぎていた面があったんですね。

でもあまり自分を追い込んでしまうと、余計にオラクルカードのアドバイスが受け取りづらくなることに気づき、マイペースに大らかな気持ちでリーディングをしていこうと心に決めました。

そうすることで少しずつ、リーディングに対する自信がついてきたように思います。

どうしても分からないときはガイドブックに頼ってもいいし、「もっと分かりやすく教えて!」と、もう一枚カードを引いてもいいんです。

オラクルカードは決して意地悪ではありませんから、我々がしっかり理解できるまでとことん寄り添ってくれます。

なのであまり構えすぎずに、心と体をゆるめてリーディングをしていきましょう。

心をオープンにすることで、よりスムーズにカードと意思疎通が取れるようになると思いますよ♪

メールセッション好評受付中!

この度、メールセッションをスタートしました!
あなたの毎日をより豊かにできるよう、微力ながらお手伝いさせて頂きます。
遠隔ヒーリングやエネルギーワーク伝授、オラクルカードリーディングなど、メニューを多数取り揃えております。
お問い合わせ&お申し込みはお気軽にどうぞ☆

オラクルカードの基礎知識
スポンサーリンク
美柑をフォローする
スピリチュアルの小部屋Leiakua