ドリーンバーチューが引退した理由は何?今後オラクルカードはどうなる?

angel-oracle1 オラクルカードの基礎知識
この記事は約8分で読めます。
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

今日は、エンジェルカードを世に広めた第一人者、ドリーン・バーチュー氏の動向について。

この話題に関しては既に耳にしたことがある方もいると思いますが、まだよくご存じでない方も、意外と多くいらっしゃるようです。

そこで本記事では、ドリーンバーチューさんの引退騒動の真相について、さらに、ドリーン氏の認定資格を取得した立場から見た筆者の率直な気持ちを、つらつらと綴っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドリーンが突然クリスチャンとなり引退宣言!

大きな動きがあったのは、2017年1月のこと。

ドリーンさんご本人が、こちらの動画で詳しい経緯を語っています。

上の動画について、さらに分かりやすくかみ砕いて解説している動画もありました。

概要を簡単に整理していくと…

ドリーン・バーチューは、2017年1月にイエスと衝撃的な出会いを果たし、洗礼を受けた。

今後は聖書の教えに従い、クリスチャンとして生きていくことに決めた。

聖書の教えの中では、占い等を用いて未来を予言したり、偶像崇拝することを禁じている。

そのため、これまで世に送り出してきたオラクルカードやタロットカードから自分の名前を外してほしい、そしてカードや関連書籍等の出版を停止してほしいという意向を、アメリカの出版社ヘイハウスに伝えた…

つまり、正式にクリスチャンになるから、天使や高次元にいる存在を崇めることができなくなる。だから、すっぱりと縁を切りますよ!ということになるかと。

これを受けて、海外でも様々な反応が巻き起こっているようです。

ドリーンさんは天使はもういないと言っている?

筆者もこの件を知ったときは、やはり驚きを隠せませんでした。

「あれだけ天使やオラクルカードを激推ししてきた方が、ここまでガラッと方針転換しちゃうのかよっ!」

と、いった具合に。

それと同時に、一抹の不安を覚えました。

というのも、私は2018年の春に、ドリーンさんが講師として携わっている【プラクティカル認定エンジェルカードリーダー™】のオンライン講座を受講し、認定証を頂いたばかりだったからです。

つまり、ドリーンさんがキリスト教の洗礼を受けて方向性を変えたという事実を知らないまま、認定資格の講座を受けたわけです。

「これからオラクルカードリーダーとして頑張っていくぞ!」という決意を固めた矢先に上記の件を知っちゃったもんですから、内心たまったもんじゃありません。

決して安くない受講料を払って資格を取ったのに!これから一体どうなっちゃうんだろう…

と、何とも言えない落胆の気持ちに襲われましたね。

そもそも私がドリーンさんの認定カードリーダーの講座を受けようと思ったのは、オラクルカードに関して確かな実績と絶大な支持を世界中から得ているという背景があること、そしてオラクルカードというものの存在を知るきっかけをくれたという理由からでした。

この人の教えを受ければ間違いないだろうと、いわば信頼度とネームバリューを買ったわけです。

今思えば、その考え方自体が浅はかで幼稚だったのかもしれません。

続報?の動画メッセージを発見!

イエスキリストの洗礼を受けた彼女は、2018年に入ってから、このような追加の動画メッセージを公開しています。

(45分近くもある長ーい動画なので、お時間に余裕のある時にご覧になってくださいね)

やはりこの件を世界に向けて発信してから、良くも悪くもかなりの反響があったのでしょう。

ドリーンさんのファンや支持者に対し、さまざまな疑問に答えるような形で、これまでの経緯を改めてご自分の言葉で説明しています。

動画の中でご本人も仰っていますが、彼女は天使の存在自体を全否定しているわけではありません

今も天使のことを信じているし、愛していると。

一番最初にご紹介した動画は、翻訳の都合もあるのか、かなり端折られているコンパクトにまとめられているため、オラクルカードをやめるのは『天使はもういないから』とか『悪魔に騙されたから』などといった言葉だけが独り歩きしているような感じがしてしまうのですが…

動画のなかでドリーンさんは、

『これまでの天使の研究を捨て去ったという人もいるが、それは全く真実ではない』

『エンジェルの救いがあったからこそ、今の私がいる』

という主旨のことを仰っています。

ただ、今までのように天使やエンジェルカードを経由するのではなく、神様から直接メッセージを受け取るようにしたということかな?と、私は解釈しました。

もしドリーンさんが過去の活動や天使たちの存在を真っ向から否定していたとしたら、ここまで冷静に受け止めることはできなかったと思いますが、そうではないというのが分かって、少しホッとしました。

それに私は、ドリーンさんがクリスチャンに転向することについては、別に批判的な感情はありません。

長い人生の中で考え方や価値観に変化が生じてくるのは自然なこととも言えますし、誰にだって選択の自由はあると思うからです。

ただ個人的には、この一報を知るタイミングがあまりにも悪すぎた。それだけのことです。

ドリーンバーチューのオラクルカードは販売を終了する方向へ

ドリーンさんの活動の方向性が変わったことを受けて、日本でドリーンさんのオラクルカードや関連グッズを販売している【ライトワークス】は、ドリーンさんのオラクルカードの製造および販売を終了すると公式サイトで発表しました。

≪2019年11月に、在庫限りで販売終了が決定した商品≫
女神のガイダンスオラクルカード/デイリーガイダンスオラクルカード/ライフパーパスオラクルカード /ロマンスエンジェルオラクルカード/エンジェルドリームオラクルカード/大天使パワータロットカード/子どものためのケルビムエンジェルカード/ラビングワードカードフロムジーザス/アニマルタロットカード/(書籍)からだの痛みはこころのサイン/(書籍)あなたの未来は直感力で変えられる/(CD)ロマンスエンジェルズCD

≪2020年5月に、在庫限りでの販売終了が決定した商品≫
ユニコーンオラクルカード/マリアオラクルカード/インディゴエンジェルオラクルカード/エンジェルセラピーオラクルカード/フラワーセラピーオラクルカード

≪2020年12月に、在庫限りでの販売終了が決定した商品≫
マジカルフェアリーオラクルカード/大天使ミカエルオラクルカード/トーキングトゥヘブンミディアムシップカード

引用元:ライトワークスオンラインストア【ドリーン・バーチューの著作に関する、順次、製造終了のお知らせ】

上記に掲載されているオラクルカードのアプリ版の配信も順次終了するそうです。

まあこうなることはある程度想定していたとはいえ、何とも複雑な気持ちですね…。

ドリーン氏が講師をつとめる講座も続々と終了へ

さらに、オラクルカードの販売終了とともに、2020年3月にドリーン氏の日本語公式サイトが閉鎖。

ドリーン・バーチュー日本語公式サイトはクローズいたしました

そして、オラクルカードやスピリチュアル関連の講座を展開している【ライトワークス・スタディ】にてドリーン氏が講師を務める講座も順次終了するとのこと。

とうとう、私が受講した【プラクティカル認定エンジェルカードリーダー(P-CACR)™ コース】も、2020年10月の募集分をもって終了とのお知らせが(泣)

オラクルカード関連の主な認定資格はこれまで通り有効であると、YouTube動画のなかでご本人も仰っていますが、正直それがいつまで通用するのかは全くの未知数。

今後、受講生に向けてのアフターフォローが十分に行われるのかどうかさえも分からない状況です。

「せっかく資格を取ったし、オラクルカードもたくさん集めたのに、これからどうしよう…」と、私もだいぶ悩みましたが、最終的には『今後もドリーンさんのオラクルカードを使い続けていく』という結論に落ち着きました。

ドリーンさんは方針転換という道を選びましたが、だからといって、ドリーンさんが手掛ける講座を受けたことで得た学びが、すべて無駄なものだったとは思わないからです。

それよりも、今までに習得した知識と経験をこの先どのように活かしていくかが大事なのではないかと思っています。

オラクルカードに対する敬意をこれからも持ち続けながら、さらに自己研鑽を積んでいく所存です。

【まとめ】ドリーンバーチューの今後は?

ドリーンさんは今後クリスチャンとして、キリストの教えとともに新たな道を進んでいかれるのでしょう。

こうしていきなり大きく方向性を変え、天使ビジネスから事実上引退したのには賛否両論あると思います。

なかには裏切られたと感じた人もいるでしょう。それも、ご最もな意見だと思います。

しかしご本人がそういう決断をされた以上、ただそれを闇雲に批判したところでどうにもなりません。

様々な思いを抱えながらでもいいので、私たちも各々の未来に目を向けていくべきなのではないでしょうか。

当ブログでもドリーン氏のオラクルカード関連の記事を多数掲載しておりますので、販売終了・廃盤になるとともに、これらの記事も削除しなければならないかな…

そうなるとこのブログの存続も危ういな…なんて思いを巡らせておりました。

ですが、オラクルカードそのものに罪はないですし、今もドリーンさんのオラクルカードに根強いファンがいることから、当面のあいだは一定の需要があるだろうと見込んでおりますので、しばらくは該当の記事を削除せずに残していく方向で考えています。

誰にも読まれなくなるそのときが来たら、そっと消そうかなと思ってますが。

この一連の騒動の影響からなのか、ドリーンさんのオラクルカードを買い求める方が増えているようで、実際、ライトワークスのオンラインショップでも既に入手しづらくなっているカードがあったりとか、Amazonなどの大手通販サイトでは、中古の品でもビックリするぐらいの高値になっているものもあるようです。

今後さらに販売終了となるカードが確実に増えてくるでしょうから、欲しいカードがある方は早めにゲットしておくと良いかと思います。

以上、ドリーンバーチュー氏の引退に関して、個人的な所感を綴ってきました。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

コメント