カードリーディングの実践書!【読めるオラクルカード】の書評レビュー

オラクルカードの基礎知識
この記事は約4分で読めます。

本日はオラクルカード関連の書籍をレビューしていきます!

今回ピックアップするのは、ライトワークスさんより出版されている『読めるオラクルカード』です。

こちらは2019年1月に初版が発売されてから、個人的にずっと気になっていたのですが、ようやくゲットしました!

果たして、どのような内容になっているのでしょうか?

早速見ていくとしましょう!

スポンサーリンク

オラクルカードの『分からない』を解決に導く!

『読めるオラクルカード』は、おもに3つの章で構成されています。

  1. オラクルカードを読み解く
  2. 充実したリーディングをするために
  3. オラクルカード活用のヒント

各章ごとにオラクルカードの読み方のポイントなどが、詳しくまとめられています。

例えば、「引いたカードの意味がいまいちよく分からない」ですとか、「質問の主旨と全く異なるジャンルのカードが出てきたんだけど…」といった疑問の壁にぶち当たることは、日頃オラクルカードに触れている方なら一度は経験したことがあるはず。

そのような些細な疑問点をパッと解決できる『Tips(豆知識)』がたくさん散らばっているので、「こういう場合はこう読み解けばいいんだ!」というのが理解しやすくなっています。

【読めるオラクルカード】の良いところは、ただの解説だけにとどまらず、練習問題が一緒に掲載されていること。

実際に自分でリーディングをしながら練習問題を解いていくことで、より実践的にカードリーディングを学んでいくことが出来るんです。

その一部を写真でチラッと。

オラクルカードの絵柄も全てカラーで掲載されていて見やすいですし、実践例も詳しく載っているので、分かりやすいですよ!

このような感じで章ごとに様々なエクササイズが載っているので、これらをひと通り解いていけば、あなたもオラクルカードリーディングマスターになれちゃうかも?

【オラクルカードリーディングブック】との違いは?

同じライトワークス社が発売している書籍の中で【オラクルカードリーディングブック】というものがあります。

こちらは過去に当サイトでもおすすめ書籍としてレビューを書かせて頂きました。

オラクルカードの本のおすすめは初心者でも分かるこの1冊!
普段オラクルカードリーディングをする際に、わたしがいつも手元に置いている参考書があります。...

どちらの本も同じような内容なんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際に読んでみると、両者とも似通っているように見えて、厳密にはそれぞれ違った特徴が随所にみられます。

【オラクルカードリーディングブック】はオラクルカードの入門書であり、オラクルカードのことを本当に何も知らない、これから勉強していくという方向けの本なんですが、【読めるオラクルカード】は、オラクルカードをすでに持っていて、カードリーディングをある程度自分で行ったことがある人向けに書かれた本なのかなという気がします。

端的にいうと【オラクルカードリーディングブック】は教科書および参考書、【読めるオラクルカード】は問題集という位置づけでしょうか。

まずはオラクルカードリーディングブックで、カードリーディングの基礎をひと通り頭に入れてから、読めるオラクルカードに掲載されている演習問題を解いていって、実践的なスキルを身につけていく。

そんな使い方がおすすめかなと、個人的には思います!

初心者からプロの方まで持っておいて損は無い一冊!

ここまで、かなりざっくりとした感じですが【読めるオラクルカード】の書評をお送りしてきました。

あくまで私の所感ですが、独学でオラクルカードリーディングを極めたいということであれば、こちらの本と先程も取り上げた【オラクルカードリーディングブック】、この2冊をゲットしておけば十分です。

そう断言できるぐらい、どちらもオラクルカードについて深く学べる要素が満載の書籍に仕上がっています。

【読めるオラクルカード】は、カードリーディング初心者の方からプロとして活動されている方まで、幅広く役立てられると思うので、一冊持っておいて損は無いと思います。

私もオラクルカードリーディングのさらなるスキルアップを目指して、この本を片手に勉強していきます!

 

 

コメント