サイキック能力を意味する【4つのクレア】とは?

オラクルカードの基礎知識
この記事は約4分で読めます。

スピリチュアルにお詳しい方は、【サイキック能力】という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

チャネリングやヒーリングなどをするときに、天使などの高次元の存在たちとコンタクトをとるために用いられるのがサイキック能力ですね。

サイキックと聞くと、霊感が強かったりとか、何だかすごい特殊な能力を持っている人だと思われそうですが、サイキックは人間であれば誰しもが必ず持っている能力です。

『直感』『直観力』『第六感』と言い換えれば、より分かりやすいでしょうか。

今日は、そのサイキック能力のなかでも代表的な【4つのクレア】についてお話してみようと思います。

スポンサーリンク

4つのクレアっていったい何?

4つのクレアとは、一般的には以下の4つを指す言葉です。

  • クレアボヤンス(霊視・透視能力)
  • クレアセンシェンス(霊感・透感能力)
  • クレアオーディエンス(霊聴・透聴能力)
  • クレアコグニザンス(霊知・透知能力)

それぞれのタイプについて解説していきますね。

①クレアボヤンス

まずは、クレアボヤンス。

こちらはいわゆる霊視や透視と呼ばれるもので、現実世界には存在していないものが『視える』能力のことですね。

テレビ番組などで有名な霊能力者さんが出演されたりして度々注目されているので、4つのクレアの中でも一番なじみがあるかもしれません。

クレアボヤンスの能力が特に高い人は、人のオーラが見えたり、生き霊が見えたり、天使や妖精が見えたり、頭の中で明確なイメージやビジョンが浮かんできたり、とにかく自分の視覚でもって何かを感じ取るのに優れているんですね。

これは実際に肉眼でハッキリと見える方もいれば、いわゆる『第三の目』(眉間のあたりにある内なる目、サードアイ)でもって、直観力を働かせることで視えてくるケースもあります。

②クレアセンシェンス

次は、クレアセンシェンスについて。

クレアセンシェンスは、いわゆる『感じる』力のこと。

感情や感覚でもって、何かを察知したりする能力を指す言葉です。

日本人は特に、感受性が強かったり、繊細な感性を持ちあわせていたりするので、こちらの能力が長けている方が多い傾向にあります。

身近な人の気持ちを何となく読めたり、物や場所から発せられる波動やエネルギーを敏感に感じ取ることができたりします。

普段の日常生活の中でも、「この場所にいると心が安らぐ、ホッとする」とか「何だか胸騒ぎがする、嫌な予感がする」などと感じる場面があると思います。

これもクレアセンシェンスのひとつですね。

③クレアオーディエンス

続いては、クレアオーディエンスについて。

オーディエンスという単語があるように、現実世界では聞こえないはずの音や声などを『聴く』ことができる能力のことです。

他の人には何も聞こえていないのに、自分だけなぜか意味深な声や音が聞こえてきたりすることがあります。

ふとした瞬間に心の声が聞こえてくる…というのもそうですし、天使のささやきが聴こえる…なんてのも、クレアオーディエンスの一種ですね。

④クレアコグニザンス

最後は、クレアコグニザンスについてです。

予備知識があったり、前もって情報を得ているわけではないのに、『これ、わたし知ってる!聞いたことある!』と確信をもって言える。そんな状態のことを指します。

頭の中に辞書でもあるの?って思うぐらいに詳細な情報を知っていたり、真理をつくような発言をしたりするんですよね。

使っていた機械が壊れたときなどに、説明書を読まなくても、いとも簡単に修理や修復ができてしまったりとか。

クレアコグニザンスが特に開花している人は、何か問題が起こってもすんなり解決に導いたり、歴史やうんちくを語るのが好きだったり、誰も思いつきもしないようなアイデアを生み出したりなど、ひらめき力や説得力が優れている人が多いです。

オラクルカードリーディングをするときにも、4つのクレアが活きてくる!

ここまで4つのクレアのタイプについて簡単に解説してきましたが、何でまたこんな話をしたかというと、この4つのクレアを知っていると、オラクルカードリーディングにも有効に活かしていくことが出来るからです。

「4つのクレアの中だったら、自分はどの能力が優れているだろう?」というのをある程度把握しておくと、オラクルカードリーディングにも良い変化が出てくると思います。

例えば、透視能力(クレアボヤンス)に長けているのであれば、カードの絵柄や色味などを見て何かイメージが浮かんでくるなど、主に視覚的なところからメッセージを受け取ることができるでしょうし、霊感を持つとされるクレアセンシェンスの人であれば、引いたカードを見てどのように感じたか、心の内から浮かび上がってくる感情をベースにリーディングをすると良いですね。

本来備え持つ直感力を最大限に活かすには、自分の得意分野を知ることが先決です。

オラクルカードを使っていても、いまいちピンと来るメッセージが受け取れないと悩んでいる方は、この4つのクレアの概念を活かして頂くと、自分だけのリーディングスタイルを確立でき、より深みのあるメッセージを受け取ることができるようになると思います。

ぜひとも参考にしていただければ幸いです!

タイトルとURLをコピーしました